各学校の就職率は、これから進学を希望する若者にとってチェックしておくべきポイントとなります。それらの学校の中でも、専門学校の就職率は、大学・短大のそれと比べて、高い状況にあり、中には、100%に近い就職率をアピールしているところも珍しくありません。これほどに高い就職率は、額面通りに捉えれば、たいへん魅力的なものと感じられるはずですが、実際のところはどうなのでしょうか?

専門学校のパンフやHPに掲載されている就職率は、卒業生の中に占める就職者の比率を示すものとは限りません。実際は、その学校に在籍する就職希望者の内、何人が就職したかという割合を示す場合が多くなっています。そういう場合には、卒業してから他の学校へ進学したり、フリーターやパート勤務になったりした場合は母数に含まれず、結果として就職率が高くなります。また、就職した人の全員が、自分の希望する仕事に就いたとは言い切れないという点にも注意しましょう。そして、専門学校の場合、卒業生には、専門的な知識や技術、即戦力となる資格などを求める企業が多く、そのようなニーズに対応するべくカリキュラムが組まれているため、大学や短大よりも授業の進度がハイペースになりがちです。

当サイトでは、専門学校の就職率に関する情報を、いろいろとお届けしてまいります。これから進学を控えて、進む学校を選ぶのに苦労しているという方は、是非チェックして、実生活の中でお役立て下さい。