これから進学を検討している若年層の人たちにとって、それぞれの学校の就職率は気に掛かるところです。若者の検討対象となる学校の中でも、専門学校は、大学や短大に比較すると、高い進学率を誇っています。専門学校の中には、100パーセントなどという高い就職率をアピールしているところがあるほどです。このような数字は、進学を考える人の目に、非常に魅力的なものと映るはずですが、それなりに注意するべきポイントも存在します。

例えば、パンフレットやホームページを通じて紹介されている専門学校の就職率は、必ずしも、卒業生の中に占める就職者の割合を示すものではありません。実際には、その学校に籍を置く就職希望者の中に占める就職者の割合を示すことが多くなっています。そのような場合、専門学校を卒業した人の中でも、就職を希望しなかった人は、母数に含まれていないこととなります。例えば、専門学校卒業後、別の学校へ進学した人、フリーアルバイターやパートタイマーになった人が計算に含まれない場合、その分だけ就職率が高くなります。

また、就職という目的は果たしたとしても、その内の全員が、自分の志望先に就職したとは限らないということも覚えておきたいところです。