最近では、専門学校のパンフレットを開いたり、ホームページを閲覧したりすれば、それぞれの学校の就職に関する情報を、簡単に入手することができます。ただし、各専門学校の就職率や卒業生の就職先について、さらに精度の高い情報を収集するために、高校の進路指導担当教師、大学の就職課担当者に質問や相談をして、回答やアドバイスを得ることをおすすめします。高校の進路指導部や大学の就職課では、毎年、担当する学生を専門学校へ進学させるために、専門学校との連絡や進学説明会への参加、高校や大学の卒業生からの情報収集を通じて、専門学校の就職率や就職先に関する最新の情報を得ています。

また、自分が進学を希望する専門学校の在校生や卒業生が、通い先の高校や大学の先輩の中にいるのであれば、専門学校の就職に関する話を聞いてみると良いでしょう。そうした人たちからは、専門学校の就職率や就職先だけではなく、専門学校に入学してから始まる学習内容や学生生活に関する情報も得ることが可能になります。また、卒業生に心当たりがない場合は、OBやOBを招いての学校説明会やオープンキャンパスを実施している専門学校もあるので、チェックしてみると良いでしょう。